So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

曽爾高原の夜 [奈良]

DSC_7783.jpg

すっかり日が落ちて、あたりは急激に暗くなります。
そして温度も急降下。

DSC_8516.jpg

でも、同じく残っていたり、今からやってくる人もいたり、若者がたくさん。
「この先はどうなってるんですか?」と男の子がグループ代表で走ってきて尋ねます。
私もあんまり知らないんですけどね^^;

DSC_8495.jpg

声がして賑やかなのは安心しますね。
ドローンがたくさん飛んでるのはちょっと邪魔でもあり、羨ましくもあり。

DSC_8508.jpg

そろそろ1番星、2番星みーつけた。
月夜です。

DSC_8524.jpg

あちこちに光が見えるので、こちらも少し照らさせてもらいました。

DSC_8521.jpg

こっちは灯りなし。
この草と草の間の道が好き。

DSC_8566.jpg

この時期は駐車場も近くに停められるかわからなかったので、荷物はなるべく軽量に。
星用の装備は持ち合わせず来たので、ヒーターがないとレンズが曇ります。
拭いては撮って。
なるべく早めにきりあげなきゃ。

DSC_8577.jpg

フィルターも明るいレンズも持って来てなかったので、天の川もカシオペアも目立ちませんね。
ま、ススキの時期に来たよ、という記録にはなりました。
7時頃でも星も天の川も見えることが分かったし。
来年は、しっかり装備してこようと思います。

nice!(55)  コメント(14) 

曽爾高原の夕暮れ [奈良]

DSC_7702.jpg

さて、日が傾いてきました。

DSC_7701.jpg

来てよかった^^

DSC_8451.jpg

イメージするような盛り盛りのススキが太陽の方向になかなか見つけられないことと、
せっかくお亀池に水が溜まっているので、今回は上から高原全体を狙うことにしました。

DSC_8453.jpg

再び途中まで登ります。しんどい...。

DSC_7717.jpg

でも登ると見えてくる風景があります。

DSC_7720.jpg

いよいよマジックアワー。

DSC_8470.jpg

DSC_7724.jpg

DSC_7726.jpg

高原全体が夕闇に包まれていきます。

DSC_8475.jpg

今日の日は、さようなら。

DSC_7763.jpg

また会う日まで。

DSC_7773.jpg

曽爾高原、ありがとう。また来るよ。


すっかり日が落ちましたが、今日は雲ひとつない日。
月夜ですが、雲ひとつない夜!

そう、ここには何度か星を撮りにきています。
今日はお仲間もいないし、家族には夕飯は家でと言い残して来たし〜。
でもね、雲ひとつない夜ですもんね。

「お母さんはちょっとだけ星を撮って帰ります」

次回へ続く。
nice!(48)  コメント(13) 

曽爾高原 すすき [奈良]

バスケも本日京都優勝が決まりましたが、撮影に行っておりませんので^^;
府大会初日の記事は後日アップします。

さて、先日台風と台風の間の晴れ間に登ってきた曽爾高原を先にアップしますね。

DSC_8288.jpg

天気予報で曽爾は晴れ。仕事のシフトは休み。
でも京都の空は、なんだか白く曇ってます。
どうなん?これ...。
途中、京奈和の高速使って2時間半。
はるばる走って白い空だったら...萎えます。

DSC_8232.jpg

家事をしながら散々迷った挙句、とりあえず行くか!

DSC_8414.jpg

期待以上の快晴!雲ひとつありません。
やったー!

DSC_8246.jpg

お亀池の周りに灯籠の並ぶ通路がありますが、
台風の影響で水に浸かっちゃって通れませんでした。

DSC_7670.jpg

でも水の溜まったお亀池、レアです^^

DSC_7631.jpg

ススキ、年々少なくなってきているそうです。
この前きた時より金色になってきてます。

DSC_7632.jpg

しっかりトレッキングシューズを履いてきたので、てっぺんまで登りましょう。

DSC_8358.jpg

うーん、気持ち良い!

DSC_8313.jpg

途中こんな斜面や、ごつごつの岩場も。
移動中、カメラはいちいちリュックにしまって。

登頂しました。

DSC_8325.jpg

DSC_8340.jpg

DSC_8351.jpg

気持ち良い!

DSC_7685.jpg

DSC_7688.jpg

思い切って来て良かったです^^

さて、この後一度下山して、夕日の曽爾高原。
ナウシカみたいな風景を、と考えていましたが、
いろいろ考えて今回は高原全体をテーマに絞り込むことにしました。
それはまた後日。
nice!(61)  コメント(11) 

ウィンターカップ予選 [高校Basketball2017,6〜]

DSC_7437.jpg

京都市は10/14から予選が始まっています。
21日鳥羽高校会場の第1試合と、22日の京都学園大会場の第3試合だけ見てきました。
22日は夫が鳥羽高校の試合を見たかったもので。

DSC_7318.jpg

DSC_7316.jpg

同志社と戦う鳥羽高校は114-53と相変わらずの圧勝。

DSC_7336.jpg

隣のコートでは私立対決。
28年度から共学になり、男子バスケ部も力を入れている京都精華学園と
元プロバスケ選手である瀬戸山監督を迎えた両洋です。

どちらも前回拝見したときには、正直期待したほどではなかったものの、
今回はぐんと力をつけてきたように感じました。

前半はシーソーゲームの接戦。
しかし、後半は両洋が追い上げ、79-60で両洋が勝利しました。
聞けば両洋は2年生が修学旅行中で、1年生だけで試合をしたとか。
むむ!やるな、両洋。

DSC_7414.jpg

22日の亀岡と西城陽、3ピリでは亀岡がリードしていたのですが、
接戦を繰り広げ、最後には亀岡にファウルが続き、50-54で西城陽の勝利。

DSC_7515.jpg

DSC_7447.jpg

DSC_7601.jpg

DSC_7538.jpg

鳥羽高校は東宇治に113-43で圧勝。

中学時代から知る選手がいたり、兄弟それぞれの活躍を見てきた選手がいたり。
体育館に行くと、ゲーム以外にもちょっと楽しみがあります。

さて、今週金曜からは宮津、決勝は舞鶴が会場となります。
夫が見たい試合以外は、遠方の試合は行かないことにしております。
撮影を頼まれることもありますが、基本的に応援にいかれる保護者さんの車に同乗させていただく場合以外はお断りしています。

昨日、明徳高校の保護者さんから連絡があり、
行かなかった会場での試合で、勝ち越したそうです。
22日、そっちに行ってあげれば良かったかな^^;
金曜、宮津にいかれるというので、ご一緒させていただくことにしました。
息子の中学時代のチームメイトのお母さんで、
毎年一度は一緒にバスケ観戦しているママ友です。
土曜は私が仕事なので、金曜だけの観戦ですが、楽しみです!

nice!(67)  コメント(8) 

関西学生バスケットリーグ [大学Basketball2017]

DSC_6546.jpg

先週、大学のリーグ戦に行ってきました。
中学の息子の後輩で、高校卒業まで撮ってきた選手です。
今回、久しぶりにご両親と試合に同行してきました。

DSC_6489.jpg

大学のバスケって、1部から6部まであるんですね。
つまりは実力別ってことみたいです。

DSC_6423.jpg

自分たちもそうだったように、大学生っていうと、もう大人。
自分で車を運転して会場入りしたり、彼女が応援に来てたりします。

DSC_6590.jpg

なんというか、ひとことでいえば「自由」を感じました^^

DSC_6657.jpg

試合は負けてしまいましたが、自分たちで組み立て、思うようにプレイする姿は清々しく感じました。

DSC_6688.jpg

もちろん、チームによっては監督がいて、厳しい拘束の元にバスケをするチームもあるでしょう。
特に1部リーグはユニフォームをもらうのも厳しいと思います。
寄せていただいたチームは中間のレベル。
物足りなさを感じることもあるかもしれませんが、
自分たちで上のリーグへ上がるチャンスをつかみとることだってできる、
そんな自由さが気持ち良かったです。

また、楽しみが増えました。
nice!(61)  コメント(8) 

長者原 タデ原湿原 [大分]

DSC_7093.jpg

大分 九重の長者原

DSC_5861.jpg

ここは素晴らしい風景でした。
そして、ここにたどり着くまでもため息の出るような開けた視界に、
わくわくしましたよ。

DSC_5880.jpg

ここに着いたのは朝の8時。
まだ朝靄が立ち込めています。

DSC_7109.jpg

広大な自然、気持ちの良い朝です。

DSC_5875.jpg

もう言葉は必要ありませんね。

DSC_5859.jpg

DSC_5883.jpg

DSC_5856.jpg

DSC_5865.jpg

山や遠くの景色は霧が立ち込めて幻想的ですが、空は青空。

DSC_7118.jpg

朝は涼しかったけれど、どんどん気温は上昇。
一応、板の上とはいえ少し草むらを歩くので、暑くてもジーンズを履いて足首までガード。

さて、この先まだまだ絶景のやまなみハイウェイは続きます。
nice!(69)  コメント(15) 

大分 朝靄の棚田 [大分]

DSC_7061.jpg

早朝の大分から九重へ向かう道は、棚田ばかり。
息を呑むような風景が広がっていました。
ただ、早朝とはいえ、前後にトラックが走っていたり、
駐車できる場所がなかったりで、ただただ目に焼き付けるばかりでした。

DSC_5810.jpg

なんとか停まれるスペースを見つけ、停車してもらいました。

DSC_5818.jpg

静かな朝です。

DSC_5802.jpg

どこからか、牛の鳴き声がします。
少し牛舎の匂いも。

DSC_7066.jpg

朝霧で、山々は霞んでいます。

DSC_5854.jpg

とても綺麗な風景でした。

DSC_7053.jpg

このあと、やまなみハイウェイという道に入ります。
バイクも多く、なかなか停車できないですが、見渡す限りの山々、高原、
そのスケールの大きさにため息がでました。
4日間の旅でしたが、ずっと快晴で、昼間は31度にもなり暑かったものの
お日様が顔を出してくれているのは本当にありがたかったです。
nice!(49)  コメント(6) 

大分 こつこつ庵 [大分]

DSC_6991.jpg

DSC_6996.jpg

DSC_7033.jpg

大分市府内町「こつこつ庵」に行って来ました。

DSC_7032.jpg

いきなりレトロな看板。

DSC_7028.jpg

店内は面白いですよ。

IMG_3433.JPG

DSC_7001.jpg

古いラジオがいっぱい。

DSC_7022.jpg

さて、お昼には食べられなかった関アジ関サバに出会えるかしら。

DSC_7009.jpg

またもや、微妙に「関」にはありつけませんでした。
豊後サバと豊後アジでした。
ちょっとがっかりしたものの、食べてみてびっくり。

なにこれ、コリッコリ!

おいしゅうございました。

DSC_7012.jpg
あん肝ポン酢

DSC_7018.jpg
とり天

ほかにも、いかなごの天婦羅などを。
焼酎が美味しかったようで、たくさんいただいた夫です。
大分での一泊目でした。
nice!(52)  コメント(7) 

大分 府内五番街 [大分]

大分駅近くのホテルにチェックインして、夜の街を歩いてみました。

DSC_6950.jpg
赤煉瓦館

DSC_6957.jpg

府内五番街というところにさしかかると、おや?なんかお洒落?

DSC_6963.jpg

ジーンズが看板?面白いですね。
このジーパン、閉店の時には片付けられていました。

DSC_6967.jpg

あのドアノブ、真ん中にありますけど、どうやって開けるのか気になります。

DSC_6978.jpg

DSC_6985.jpg

上は、なんと焼肉屋さん。

DSC_7045.jpg

DSC_7047.jpg

DSC_7051.jpg

DSC_7039.jpg

ケーキ、美味しかったです。

DSC_7040.jpg

これ、なんだと思います?↓

DSC_6981.jpg

公衆トイレなんです!

大分、面白い街です。
nice!(44)  コメント(6) 

別府地獄めぐり 海地獄 [大分]

以前福岡に住んでいた頃に家族で訪れた時には、
血の池地獄へ行きました。

今回は「海地獄」です。

DSC_6896.jpg

水色の綺麗な温泉ですね。
ここは勿論地獄ですから、入浴はできません。

DSC_5748.jpg

真ん中、下から吹き上げているのが見えますか?
ドーッ!っと高温の湯が湯気と共に放出されます。

DSC_6915.jpg

すごい蒸気がもくもくと立ち上り、いかにも地獄。

DSC_5769.jpg

上、カゴに入れた卵。
温泉卵ですね。

知らぬ間に夫が購入しました。

DSC_6937.jpg

さすが九州、植えてある木が南国調なんです。

DSC_6905.jpg

DSC_5773.jpg

それにしてもなんて綺麗なお湯の色でしょう。
でも匂いはやはり硫黄臭で、ずっとゆでたまごの匂いに包まれていました。

DSC_5755.jpg

同じ敷地内に、血の池地獄ほどではない小さな赤い温泉もありました。

DSC_6929.jpg

温泉プリン。
味は、懐かしいおうちのプリン、優しい。

DSC_6936.jpg

外の池には睡蓮。

DSC_5738.jpg

なんと、温室には温泉の湯で栽培した睡蓮も。

DSC_5782.jpg

この後、別府温泉保養ランドへ。
http://hoyoland.webcrow.jp
9時から夜8時まで1100円で日帰り入浴が出来ます。

泥が混ざった青みがかった灰色のお湯、コロイド湯という温泉。

もうひとつは鉱泥(どろ湯)みなさん体を泥でマッサージ。

そしてみっつめは、泥で完全に不透明の露天風呂に入りました。
露天風呂はもともと混浴だったらしく、板で仕切られてますが、一部繋がっています。
グループの女性たちが、一緒に来た男性たちとお喋りしながら入浴されていました。
不透明なので潜って覗くのは不可能でしょうし、悪い風にとらえず、
彼女たちのように楽しむべきでしょう。

なんとなく泥湯というのは美容に良さそうな気がしますね。

旅行の3日前から鼻風邪だった私。
鼻の周りがガサガサに荒れちゃってたのですが、
大分といえば...ハッ!と思い出しまして、

馬油を購入。

クリームなんかより断然効きます。
手荒れの時はこれですぐに治ります。
あ、馬油クリームとか加工品はダメですよ。
馬脂の方をお求めください。
軟膏よりはさらっとした付け心地で、カサつく髪のお手入れにも使えます。
これを塗ってすぐに恥ずかしい鼻周りトラブルは解消しました。
nice!(51)  コメント(11)